個人信用情報に記載されていないと安心してはならない

もしも、仕事をしているのにも関わらず、なかなか審査に通らない。どうして、自分は仕事をしてきちんとした収入があると言うのに、と不満を抱いている方、悩んでいる方もおられると思います。

 

実際に、無職の方よりは借りやすいのは確かです。しかし、別の所に審査を通すわけにはいかない問題があるのでしょう。例えば低年収、借入金額が多い、個人情報に事故情報が記載されているなどが挙げられます。仕事はきちんとしていれば、ある程度の年収はあるはずなので、年収が少ないことはまずパスできます。

 

それでも審査に落ちてしまうのならば、もしかしたら、個人信用情報に問題があるのかもしれません。ここに事故情報または異動情報が記載されていれば、審査に落ちてしまうのです。もちろん、返済事故なんて起こしていない、という方もいらっしゃるでしょう。ですが、この事故情報には債務整理以外の返済の延滞や、遅延などの小さな事故でも記載されているのです。

 

遅延・延滞が短くとも記載されてしまう

信用情報に記載される延滞と遅延

個人信用情報に記載されるのは61日以上の延滞、または遅延だとよく言われています。ですが、実際にはそれ以前の、短い間の遅延であっても個人信用情報に記載されてしまうそうです。

 

当然、全てが全て、という訳ではなく、内容が悪質なものに限ります。その内容も例えば、延滞回数が多い、事前に連絡が全くない、金額が多い、何ヶ月も連続で遅延しているなどなどがあります。何か月も、というのは短い月で返済できるはずの借金を毎月毎月繰り返す、と言ったような内容です。

 

あくまで一例ではありますが、悪質であればあるほど、短い期間であってもその情報は記載されることになるようです。ブラックリスト入りすることをした覚えが無くとも、審査に影響を及ぼす様な事故情報として個人信用情報に記載されてしまうのです。

 

キャッシング以外の情報も記載される

例えば、携帯の支払いの延滞であっても記載されることがあるようです。分割払いの延滞まで記載されるのか、と驚かれると思いますが、まさにその通りで、その他にもテレビショッピングの分割払いも延滞してしまえばその情報は残されてしまうのです。

 

そのようなことであっても、もしも延滞した覚えがある人は審査に落ちてしまう可能性が高い事、またはそれが理由で審査に落とされてしまったと思ってもらっても構わないでしょう。

 

低年収、不安定な職業が理由

基本的な理由ですが、これらが該当する方が審査で通ることはごくまれでしょう。ただし、借入金額によっては借りることが可能になる確率がぐんと上がります。

 

もちろん、安定している人に比べれば、収入が高い人に比べれば、借入金額はかなり落ち込むことになりますが、一応、返済できる程度には借入することができるばあいもあります。

 

借入金額は審査に影響を与えるもの

前述したように、借入金額をある程度操作すれば、借りられるようになる可能性を上げることは可能です。現状ある情報の中では「借入金額は審査に影響しない」と考えられているようですが、実際には違います。

 

確かに、借入金額を大きくしようが、業者側から貸し出す際には希望額よりも少ない額を提示し、それを利用者飲まざるを得なくなり、結果的には同じだ、ということでしょう。しかし、実際に銀行や消費者金融では、大きすぎる借入希望金額を提示する利用者は、審査自体から落としてしまうことも少なくはないのです。

 

リスクを背負うのは一緒

審査を通すのか、それとも審査を通さないのか、それを判断するのは業者であり、どちらを採用する業者が多いかについては判断しかねます。ですが、無理な提案をして、通っても通らなくても、リスクを背負ってしまうのは一緒です。

 

無理をして返せなくなる可能性も十分にあり得ますので、もしもキャッシングを利用するのであれば、なるだけ最低限の利用金額に抑えてくのが正しい考え方だと言えるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日