キャッシング審査に落ちる原因について

キャッシングの審査に落ちる人の原因はいくつかありますが、当然ながら落ちる理由があるため、落ちるという結果になります。

 

まずは「収入が少ない」ということがあり、次に複数社から借入をしている、最後にこれまでの返済履歴に何か問題があったということが理由になります。

 

収入が少ない場合

収入が少なく、審査に落ちる人というのは結構います。なぜなら、収入が少ない人はキャッシングをしてお金を回したいと思います。そうすると、キャッシングの審査に多く申し込むということになりますが、収入自体が少ないため、キャッシングの審査に通らなくなるということがあります。収入の少なさというのは貸す側も慎重になりますから、審査落ちする第一の原因になります。

 

借入希望額によって審査落ちする可能性が違う

借入を希望する場合は、低い金額を希望しておくと通りやすくなる可能性はあります。収入額が低くても、借入希望額が低ければ、返済能力も大丈夫だろうということになるからです。しかし、収入額が低いのに大きな金額を申し込んでくると、返済できないだろうということで、貸す側も厳しい審査をしてくることは間違いありません。

 

複数借入している場合

キャッシング審査において、複数の業者から借入している場合には審査落ちしやすくなります。キャッシング会社から見ると、「手重債務」の状態になっていると見られるからです。よって、現時点でどれだけの借入があるのかということが大事になってくるのです。

 

これは借入している総額より件数が重要になってきます。要するに、一つの業者からキャッシングをしているならOKになる可能性が高く、例え借りているお金が少なくても、複数の業者から借りている場合には審査落ちする可能性が高くなると言わざるを得ません。

 

一つの業者から多く借入している場合

一つの業者のみから多く借りている場合においては、その業者に信用されている人という見方ができます。借入している額が少ないことに越したことはありませんが、複数業者からお金を少額でも借りていると、逆に信用が低くなります。ですから、キャッシングをするなら一つの業者から借りたほうがよいということになります。

 

一つの業者で借りるメリットは「金利」

最近、おまとめローンが流行っているように、多重債務の状態にあるなら、その借入金はひとつにまとめれば安くなります。複数業者からお金を借りるということは、借りている業者の数だけ、金利を払っているということになるので、一つの業者で借金をまとめれば、金利も一業者分で済みますし、返済も楽になります。なぜ複数業者に借入をしている人が審査落ちするのかという理由については、まとめたほうが楽になるのにそういった対策を取っていない人というのは、返済も遅れがちな人が多いという風に思われるからです。

 

これまでの返済履歴で事故があると審査落ちの原因になる

返済履歴は信用情報として、個人信用情報機関に登録されています。これは住宅ローンやカーローンに至るまで、ありとあらゆる返済の記録が登録されています。この借入中に延滞などの事故があると、この人は信用に足らない人物だと思われてしまいます。

 

キャッシングの借入に関して返済を延滞したり、カードの強制解約の過去があったり、債務整理した過去などがあると、「事故情報」という形で信用情報機関に載ってしまい、結果として審査落ちすることも多くなります。キャッシングをし過ぎて個人再生したとか、延滞をくり返しているというような情報を持っていると、ブラックリストに載ってしまい、審査に通る確率というのは極端に低くなってしまいます。

 

良い返済履歴を持っていると有利になる

当然のことですが、返済履歴は悪いものもあれば良いものもあります。つまり、借金をしていても、いままで一度も延滞事故がなかったり、継続的にキャッシングを利用し、毎月の返済もきちんと行っているような場合には、その履歴は「良い返済履歴」として登録されます。この実績期間が長いと、それはすなわち「返済能力もあり、信頼度が高い人」という見方をしてくれるので、その後の審査においても有利に働く場合が多いです。

 

無借金の人は不利になる

世間では借金をしたことがない人というのは良く見られますが、キャッシングの審査においては不利になります。それは、キャッシングでは借りて返している人が信用性が高くなるのです。年収の有無などの情報も大切になりますが、一番大事なのは、返済をしてきちんと返したという「実績の積み重ね」なのです。

 

属性がアルバイトやパートといった方であっても、毎月の返済をきちんと行い、一度も延滞事故を起こしていないなどの「返済実績」を積み重ねると、クレジットヒストリーを高めることも可能になるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日