正社員神話のウソ

不況という現状では、正社員という確たる地位は絶対的なものに感じられます。しかしながら、お金を借りる場合において、「正社員だから無条件にOK!」とはなりません。

 

審査を通らない正社員は、信用情報による評価が著しく低いことやその他の原因を抱えています。例えば、正社員でも年収が低い人もいるでしょう。勤続年数が短すぎて、マイナス評価に繋がったのかもしれません。また、既に借入が数社に及んでいるといった場合にも審査に通らない要因となります。

 

年収の1/3以上のキャッシングを望んだ場合

総量規制というルールがあります。年収の1/3までしか借りられないというものですが、このルールから外れれば、当然の如く審査には通りません。300万円の年収であれば、100万円までしか借りられません。しかしながらこれは建前上の話であって、実は総量規制に従った満額を借りられることは然程多くはありません。もしも年収の1/3が10万円程度の金額であれば、貸してもらえる確率が高まります。

 

同じ1/3でも、それが100万円だったら話は別です。この金額が返済されない事態となれば、業者としては大きな痛手となります。つまり、貸す金額が多ければ多いほどに審査の慎重性が増すということなのです。このように、残念ながら正社員だからといって審査通過が問題ないというわけではありません。金額が大きくなるほどに、審査は確実に通り辛くなります。

 

じゃあ、限度額を減らせば問題なし?

申し込んだ先にもよりますが、限度額を減らし「これなら大丈夫」といった見直しがなされれば、審査に通ることもあります。でも、この借入金額を出し直す時点で、既に減点対象となってしまうことも。適正な申し込みを行わなかった人と見做されて、審査を通さない業者も相当数いるでしょう。

 

どの業者ならセーフで、どの業者がアウトかは不明です。したがって、審査を受けてみなければ、実際の可否は解りません。お金を借りるのが前提であるならば、限度額ギリギリではなく、「これで足りる」といった最小限の金額で申込みをするのが賢明です。

 

新入社員など、社歴が短い場合

新入社員であれば、いくら正社員とはいえ、十分な信頼に値するかといえばそうではありません。勤続年数が短いという事実のみが審査で着目されてしまうので、マイナス要素となってしまいます。また、社会問題としても取り上げられているように、新入社員の多くが3ヶ月程度と短い期間で辞めていく事実があります。また一部では、3年以内に同期が半数に減ったという笑えない事象が起きています。

 

そして、近年はブラックと称される企業の増加で、社員がいつ辞めるのか読み辛い傾向にあります。辞めた人と借りたい人が同一なわけではありませんが、キャッシング業者としては「辞める確率が読めない人」と判断されてしまいます。キャッシング業界の常識として、フレッシュか否かに係わらず、勤続年数が短い人は信用するに値しない。これが正社員でも審査落ちしてしまう大きな原因となっています。

 

既に借入総額が膨らみ、借入件数が多い場合

これは業者が貸さない正当な理由です。この借入総額が多く、借入件数も複数に及んでいるにも拘らず貸す業者がいれば、怖過ぎます。借りる本人が目をさます必要があり、このような悪徳業者には絶対にお世話になってはいけません。

 

借入件数が増えると評価がマイナスになりやすい

借入件数が多い人は多重債務者といいますが、この場合にも審査は非常に通り辛くなります。借入金額が同じならば、ひとつの業者から借りているほうが評価は高くなります。

 

多重債務者の評価は、どこでも同じ

多重債務者の場合、たくさん借りられないので結局は多くの業者から借りざるを得ないという状況にあります。ひとつひとつの取引額は小さいのですが、その借入がいくつにも及ぶので、返済は楽ではありません。これはどの業者からも高評価が得られていないということ。通常、このような人にはおまとめローンなどの救済プランが準備されています。それが使えないからこその多重債務者は、例え正社員だからといって評価が引き上げられることは絶対にありえません。

 

個人信用情報に返済トラブル履歴がある場合

業者に最も嫌われるパターンは、個人信用情報に返済トラブルの履歴が残っていることです。これも正社員の肩書が通用しません。どこの業者も個人信用情報を参照しながら審査を行います。ここにマイナス要素の履歴が残っていれば、問答無用で審査に落とされても不思議ではありません。

 

ブラックリストだったら、無理!

マイナス要素にも色々ありますが、ブラックリスト入りしているならば確実に審査は通りません。具体的にいうと、自己破産、任意整理、個人再生等の債務整理記録のことです。このブラックリストにエントリーされると、5〜10年はキャッシングに不自由を強いられます。因みにこの一定期間を過ぎれば、記録は削除されます。

 

それ以外に、代位弁済、重度遅延、強制解約及び強制退会が挙げられますが、いずれの場合にも審査は通過しないものと思って間違いありません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日