当日中にお金を受け取りたい場合、運転免許以外の書類が必要になるケースとは?

キャッシング会社にお申し込みをして、当日中にお金を受け取りたいとなった場合でも必要なのは、運転免許だけですので、簡単にそれが実現できます。

 

また、運転免許を持っていない方でも、本人を確認できる書類があればよいので、保険証やパスポートなどでも可能ですが、運転免許をお持ちの方なら、それが最も無難です。

 

それ以外に準備する書類というのは、基本的にはありませんが、条件次第では準備する必要が出てきますので、その点について以下に示します。

 

キャッシングをする場合に、収入証明書は不要である

キャッシングの経験がない方にとっては、不思議に感じるかもしれませんが、キャッシングを申し込んだとしても、収入証明書は不要とされています。ただ、これはキャッシングする金額がそれほど多くない場合であって、大抵、消費者金融は50万円以下、銀行は300万円以下の場合であれば、収入証明書を求められることはありません。

 

しかし、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行だけはそれぞれ、100万円、200万円より多くキャッシングする場合、上記の書類が必要とされています。このように、銀行によってはごくまれに300万円以下ではないことがありますので、注意が必要です。以上のことから、よほどの金額のキャッシングを希望しなければ、消費者金融、銀行に関係なく本人を確認できる書類(運転免許等)を提出するだけで借りられることが分かりました。

 

50万円以下や300万円以下でも収入証明書が必要な場合とは?

ここまで、キャッシングする金額がよほど多くない限りは本人を確認できる書類のみで借りられるという話をしましたが、これには例外があり、自営業を営んでいる方や会社の経営者の場合は先ほど挙げた金額以内でも収入証明書を提出する必要があります。

 

一見、積極的とも見れるのでよさそうですが、キャッシング会社はそれよりも、どれだけ安定して収入を得られるか?を重視するため、それほどプラス要素とはならないのです。したがって、収入証明書を提出させることにより、その安定性を見極めているのかもしれません。

 

実際には何の書類を提出すればよいのか?

自営業を営んでいる方や会社の経営者の方は、”確定申告書”、”所得証明書”、”納税証明書”、”課税通知書”、”住民税決定通知書”等といった収入を証明する書類が必要となります。上記で挙げたもの以外にも収入証明書として利用できるものが存在しますが、よく知られているものを今回は挙げてみました。

 

ちなみに、”所得証明書”は”収入証明書”と同義で頻繁に用いられ、それでも間違いではないのですが、なかには市役所から貰える1年間の数ある源泉徴収を一つにした書類もあり、この書類が先に挙げた”所得証明書”となります。また、この所得証明書は上記の特徴から、源泉徴収の数が多くなりがちとされる自営業を営んでいる方や自由業の方は非常に利用価値の高い書類となりますので、参考までに覚えておくとよいでしょう。

 

収入を得られていない主婦の場合、書類はどうなるか?

収入を得られている方の場合は、大方本人を確認できる書類でことが済みますが、収入を得られていない主婦となると多少書類が増えることになります。

 

収入を得られていない場合は、夫の同意や住民票がなければキャッシングできません

収入を得られていない主婦の場合は、夫の同意、つまり配偶者が同意していることを証明できる書類、それにプラスして住民票を本人を確認できる書類とともに提出する必要があるということです。なぜ、住民票が必要かというと、夫として書かれている人と本当に結婚しているのか?を確かめるためです。言うまでもなく、キャッシングをする本人は収入がないので、夫の給料の重要になってきます。

 

住民票を用意できない場合はどうするか?

住民票以外で結婚していることを証明するものとして、戸籍謄本や戸籍抄本といったものでもとりあえず使えないことはないのですが、むしろ、こちらの方が手間がかかるとも言えるでしょう。それに加え、キャッシング会社からしても、住民票を提出してもらった方が慣れていることからも有り難く感じるはずなので、ここは住民票を提出された方が良いかと思われます。

 

結婚届を出していない場合は?

結婚届を出していなくても、心配はいりません。これは事実婚となりますが、事実婚には事実婚用の証明書類がありますので、これも市役所で入手することが可能です。ちなみに、このような書類は、事実婚契約書や内縁契約書と呼ばれています。また、このような方の場合、住民票の中の続柄の項目は夫も妻も両方”未届”となっているかと思われますが、このケースでもきちんと夫婦として認められるようです。

 

夫が同意していることを示す書類に決まりはあるのか?

夫の同意を証明する書類については、銀行のキャッシングの場合は、銀行によってはサイト上に準備してくれているところもあるので、それをサイトから拾ってきて、メール等で送れば良いでしょう。準備されていない場合は、自作するしかありませんが、その際はパソコンで作られることを強く推奨致します。

 

また、パソコンで作る際、インターネット上にはそのような書類に似たものが存在しますので、それを参考にして作られるとより良いものが出来るかもしれません。なぜ、パソコンかというと、全て手で作ったものというのは審査の際に不利になるからです。多少面倒かもしれませんが、それをすることによって、当日中にお金が借りられるということを想像しながら作ってみてください。

 

夫の同意がなくてもキャッシングができる銀行も存在する

先ほど、夫の同意についてお話したばかりですが、なかには夫の同意がなくてもキャッシングができる銀行は意外と存在すると言われています。例えば、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行といったものが挙げられます。

 

夫の同意が必要となると夫に気付かれずにキャッシングをするということが不可能となりますので、これがないことによって気付かれずにキャッシングが行えるようになるわけです。それに加え、書類が少ないことで審査に要する時間も短縮されるので、収入を得られていない主婦の方は消費者金融よりも銀行でキャッシングをした方がよいのかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日