複数の会社に同時に申し込むと審査落ちの可能性が高まります

カードローンを申し込む際にやってはいけないことがいくつかありますが、複数のカードローン会社に同時に審査の申込をすることもそのやってはいけないことの一つです。

 

また同時ではなくても連続で複数の会社の申し込むこともマイナスにしかなりません。今回はカードローンの同時申込みと連続申込みがどうして審査時にやってはダメなのかを考えていきます。

 

同時申込みは自分から危険人物であると言っているようなものです

通常ならカードローンの審査を複数の業者に同時に申込むことはありえません。同時に申込むということはお金に困っているとカードローン会社に言っているようなものです。借金なのか、自己破産して逃げているのか、大抵の場合どちらと判断されることになります。

 

カードローン会社からすればどちらにしても返済が滞る可能性が高いので絶対に貸したくない相手なのです。カードローン会社は返済してもらわないと商売になりません。だから同時申込みをする人物は危険人物とみなされてしまうのです。

 

お金に困っている人に貸すのが仕事ですけど慈善事業ではありません

お金に困っている人にお金を貸すのがカードローン会社の仕事です。でもカードローン会社も慈善事業をやっているのではありません。あくまでビジネスなので、できればお金に大変困っている人には貸したくないというのが本音なのです。貸し倒れが発生すればそれは業績に響きますし、返済が延滞遅延したりするとその分コストが上積みされてしまいます。

 

カードローン会社としては「ちょとだけお金に困っている人」に融資するのがベストなのです。複数の業者に同時申込みするのはお金に大変困っている証拠ですので、審査する段階でカードローン会社は警戒します。もちろん同時申込み以外の条件が優良だと判断された場合は審査を通ることもありますけど、同時申込みをしなければいけないところまで追い込まれている人が、他の条件が優良だということはまずないでしょう。そしてその結果審査落ちするのです。

 

連続申込みも審査で不利なる可能性大です

同時申込みよりはマシですけど、連続申込みもやはりキャッシングの審査で不利になるようです。連続申込みをすれば必ず警戒対象となりますのでご注意ください。

 

2件まではセーフですけど、3件からは危険度が増します

一般的に2件までの連続申込みはセーフだと言われています。1件目が落ちた直後にもう1件申込むことは通常だと判断されるからです。しかし大丈夫なのは2件目まで。3件目に手を出すと通常だと判断されず、業者側が警戒してきます。3件目に申込んだ時点で、業者側はお金に大変困っている人と判断するからです。

 

2件目落ちたらその後受かることはまずない

2件連続してキャッシングの審査に落ちた場合、3件目に申込んだとしても、おそらく受かる可能性は低いでしょう。仮に連続申込みが大丈夫な世界であってもです。2件連続して落ちるということは絶対にどこかに問題があります。例えば年収が低すぎるのかもしれないし、職業が安定していないと判断されたのかもしれないし、過去にキャッシング関係で問題が生じたことがあるのかもしれないし、可能性はいくらでもあります。

 

こういう問題がある場合、連続申込みをしなくても審査に通ることはないでしょう。酷い言い方かもしれませんけど、キャッシングする資格がないのです。お金を調達する手段はキャッシングだけではありません。親や友人たちから借りるという手段もあります。キャッシングに固執せず他の手段を考えましょう。

 

連続申込み以外に方法がない場合はどうするべき?

他にお金を調達する手段がなく、キャッシングの連続申込みに頼るしかない場合はどうすればいいのでしょうか?実は方法が無い訳ではないのです。どうしても連続申込みをする場合は、業者独自の審査をしているところに申込むようにしましょう。ではこの業者独自の審査とは一体何を指すのでしょうか?

 

個人信用情報より自分たちの審査を重視する

業者独自の審査、いわゆる独自審査と呼ばれる方法ですけど、これは個人信用情報に頼らないことを指します。自分たちの基準で審査するので自社審査と呼ぶ場合もあるそうです。個人信用情報に頼らないので、通常絶対にキャッシングの審査を通らないブラックリスト入りしている人であっても、審査を通る可能性があるのです。

 

もちろんブラックリストに入っているとしても軽度のものと重度のものは区別されますので、さすがに自己破産している場合は大変困難です。でも返済の遅延など軽微な理由でブラックリスト入りしている場合は通る可能性があります。独自審査を謳っている業者も個人信用情報を完全に無視する訳ではありません。事故情報(異動情報)は当然チェックされますけど、消費者金融大手や銀行系のカードローンの審査と比較すればかなり通りやすい審査だと言えます。

 

独自審査の業者に申し込む場合は金利にご注意を

独自審査をする業者に申込めば、かなりの確率で審査に通ることでしょう。ただしこういう業者は法定金利ギリギリの高い金利を課してきますので、できれば利用しない方が無難です。現在「実質金利20%」が法定金利ですので、独自審査を謳っている業者はほとんどこの金利で融資するはずです。

 

この20%という金利は消費者金融大手が遅延利息として採用しているものと同じ利率。つまり大手のペナルティと同じ金利が最初から課されているのです。独自審査をする業者はそれ以外にもコンビニや銀行のATMと提携していないことが多いので、返済の利便性という点からも問題があります。以上のことからできるだけ独自審査を謳っている業者は避けるのがいいでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日